せせりのきもち
自分らしく生きるために試行錯誤しながら学んできたことを発信します
こころ

パーソナルトレーナーがクライアントをやる気にさせる動機付けの方法

パーソナルトレーナーになるには、運動生理学、機能解剖学、栄養学などの知識を増やす勉強ももちろん必要です。

しかし、知識があっても、クライアントがトレーニングや食事改善を継続してくためのモチベーションを維持していかなければ、なりたい体にすることはできません。

パーソナルトレーナー養成学校で学んだ、現場で役立つクライアントをやる気にさせる方法をお伝えします。

人は動機がなければ行動しません。

そのため、クライアントの動機を理解し、満たしてあげればクライアントは行動を起こします。

 

そもそも、動機とは何でしょうか。

 まずは、接近動機と回避動機についてお話します。

接近動機:良好な状態に近づこうとすることで、エネルギーとなる。

例)痩せてきれいになりたい!

回避動機:不良な状態から遠ざかろうとすることで、エネルギーとなる。

 例)あんな醜い体にはなりたくない!

この接近動機と回避動機ですが、接近動機の方がエネルギーが高いのです。

接近動機 > 回避動機

 

そのため、クライアントが回避動機を口にしたら、トレーナーが接近動機に変換してあげると、

よりトレーニングに対するエネルギーが高まります。

 

また、クライアントが感じているメリットとデメリットについても、動機を高めるための重要な要素です。

メリットがデメリットを上回ることで、人は行動を起こします。

メリット > デメリット ⇒ 行動

 

パーソナルトレーニングを受けることに対して、クライアントがデメリットの方が大きいと感じているのであれば、

そのデメリットをメリットに変換し、デメリットを上回らないと行動を起こしません。

 

また、動機には、外発的動機と内発的動機というものもあります。

 外発的動機=報酬が得られるから、行動を起こします。

例)運動不足解消のためにキャッチボールをする。

内発的動機=報酬がなくても行動を起こします。

例)楽しいからキャッチボールをする。

この2つの動機ですが、内発的動機の方が高いエネルギーを発します。

内発的動機 > 外発的動機

 

そのため、初めは外発的動機でも、トレーナーが内発的動機に変えてあげられると、クライアントはトレーニングを継続しやすくなります。

 

もう少し詳しく、この2つの動機について見ていきます。

外発的動機には5種類あります。

クライアントがどの動機が強いタイプが見分けることで、接し方が変わってくるので、詳しく解説します。

 

・親和動機・・・誰かと一緒だからやる、という人がこのタイプ。

過去の思い出話をすると、「みんなで~、誰々と~」と人との関わりを重視している人。

鏡越しにトレーナーとクライアントが一緒に映っている状態を作ってあげると、一緒にトレーニングしている感が出てよい。

・獲得動機・・・何かが手に入ることがモチベーションとなるタイプ。

スタンプラリーなど記録の蓄積があると喜ぶ人ですね。

スタンプカードを作るか、トレーニングの過去の記録を見せてあげて、記録がたくさん残っていることで満足感を刺激してあげるとよい。

・優越動機・・・人よりも優れているという感覚がモチベーションとなるタイプ。

この手の人は、勝てないと思うと手を抜いて、本気じゃないから勝てないと言い訳します。

トレーナーは、クライアントよりも下というスタンスに立つことが重要。

・承認動機・・・他者が自分をどう見ているか気になり、認められていることがモチベーションとなるタイプ。

声掛けやアイコンタクトを意識し、その日のコンディションを伝えてあげるとトレーナーが

変化に気付いてくれていると感じ、クライアントの承認欲求が満たされる。 

・顕示動機・・・目立てているという感覚を得ることでモチベーションとなる。

自分は相手にどのぐらいアピールできているかということが気になるタイプのため、目立てる環境作りをしてあげるとよい。

そして、次は内発的動機です。内発的動機はこの2種類。

有能感・・・上達したという感覚、能力があると自分自身が感じている。

醍醐味・・・それでしか得られない「何か」を感じ取る。

この「有能感」と「醍醐味」は、クリアできるハードルを設定し、クリアしたら少しずつハードルを上げていくことで得ることができます。

 

パーソナルトレーナーの行動として重要なポイントは・・・

・クライアントの動機を接近動機に変換してあげること

・クライアントの外発的動機を見極めて接すること

外発的動機から内発的動機に変えてあげること

クライアントの動機をよく理解し、モチベーションを維持できるトレーナーが、クライアントに選ばれ、長く通いたいと思うトレーナーになれるのではないでしょうか。そんなトレーナーがいたら、私も通いたいですね。

ABOUT ME
せせり
40歳の女性。仕事を退職し、資格だけ持っている経験のない職種で独立するも開業届を提出後にこの仕事をやりたいという気持ちが冷め、ほぼ無職状態となり悩む日々。現在は、企業に転職する方向で気持ちが傾き中。