せせりのきもち
自分らしく生きるために試行錯誤しながら学んできたことを発信します
こころ

この人でよかったと思われる一言

ヨドバシカメラに行って、ビックカメラのポイントカードを出してしまうという恥ずかしい出来事で学んだ、この人でよかった!と思われる一言についてお話します。

先日、普段はあまり行かない街に行った際、家電量販店で買い物をしました。

買うものが決まっていたのですぐに商品を手に取り、レジでお会計。

ちなみに買うものというのは、パナソニックのレディースシェーバー。いつ買ったか覚えてないぐらい何年も前に買ったものが、寿命を迎え、2台目の購入です。カミソリよりも、肌を傷めずにシェービングできるので大変おすすめです。

さて、話を戻しますと、お会計の際にレジでシルバーのポイントカードを差し出しました。

年季入ってます

すると、店員さんはレジにあったカードの見本を指さし、「ゴールドのカードはありますか?」と。店員さんが指さしたところをよく見ると、ヨドバシカメラのカード!

私が出したのは、ビックカメラのカード!!

出すべきカードはこっちだった

「すみません」とすぐにヨドバシカメラのカードを出しました。

(両方持っててよかった!)

店員さんは笑顔で「見なかったことにします(笑)」と言ってくださり、私は「失礼しました」と再度謝りましたが、お互い笑って、その場はとても和みました。

もし、自分がその店員さんの立場だったら、どんな気持ちで、どんな表情で、どんな一言を言いますか?

例えば、もしこんな店員さんだったら、その場はどんな雰囲気になるでしょうか?

心の声 「それ、ビックカメラのカードだろ!ボケ!」

発言 「カード違いますよ!」(ムッとしてる)

私の対応をしてくださった店員さんのように笑顔で場が和むことはないでしょう。

自分だったら、どんな言葉を言うかという前に、言葉にはその人の心が映るため、どんな心持ちでいるかが大きく関わってきます。

めちゃくちゃ忙しくて心に余裕がなかったら、温かい言葉なんてかけていられないかもしれません。

そう思うと、やはり常に時間や心のゆとりを持って過ごすということが大事なんでしょうね。

私は店員さんじゃないので、お客さんの立場としてですが、いいお客さんだと思われたいなと思うんです。

最近は、コンビニで買い物する時など袋を渡された時、「ありがとうございます」と言うようにしています。

ちょっとした一言だけど、気分がよくなりますよ。

ABOUT ME
せせり
40歳の女性。仕事を退職し、資格だけ持っている経験のない職種で独立するも開業届を提出後にこの仕事をやりたいという気持ちが冷め、ほぼ無職状態となり悩む日々。現在は、企業に転職する方向で気持ちが傾き中。