せせりのきもち
自分らしく生きるために試行錯誤しながら学んできたことを発信します
こころ

自己啓発本を読みすぎるとこうなるよ

自信をつけたい、仕事で成果を出したい、評価されたいと思って、自己啓発本を読み漁っているという方も多いと思います。私も自己啓発本を読むと、その後、モチベーションが上がるので、栄養ドリンクを飲むみたいな感覚で読み漁っていた時期がありました。

今でも昔ほどではありませんが、基本的に自己啓発好きなので、読んだりしてます。

今日は、自己啓発本を読み過ぎるとどうなるのかってお話ですが、私が以前にあるセミナーに参加した際、5分間で「自分の好きなところを書きましょう」というワークがありました。その時に書いたのが、下記です。

  • 行動力がある
  • 向上心がある
  • 変化を楽しむ
  • 決断力がある
  • 真面目
  • 度胸がある
  • 自分を高めるために努力する

この質問って、けっこう人によって違う答えになるので、私とまったくタイプが別で、自己啓発本は一切読まない友人がどんなことを書くのか興味があり、同じワークを試しにやってもらいました。それで、友人が書いたのがこちらです。

  • 色彩感覚がある
  • 発想力がある
  • そこそこ何でもできる
  • 少しは社交的
  • 優しい/人の痛みがわかる
  • 運動ができる
  • 背が高い
  • 動物と遊ぶのが得意
  • 興味のないことはしない
  • 群れない
  • 頑張りすぎない/努力ばかりをしない

全然違いますよね。

自己啓発本を読んでる人と読んでない人の自分に対する見方が。

そして、私が書いたものを見た友人が一言。

「これ、全部自己啓発本に書かれている言葉だね」

確かに!私は自己啓発本が好きで、そこに書かれているような人になりたいと思って努力した結果、自己啓発本に侵されてしまったようです。

ちなみに、昔の私は、頑張って自己啓発本を読んでも、自分に自信がなく、人からどう見られるかや評価が気になって自分を好きになれませんでした。最近は、上に書いた通り、自分の好きなところを挙げられるようになりましたが、正直なところ、自己啓発本のおかげではありません。それはまた別の機会に書きたいと思います。

私は努力している自分が好き、友人は努力をし過ぎない自分が好き。

努力すれば自分を好きになれるというわけではなく、そのままの自分を受け入れることができるかどうかが問題ってことですね。自己啓発本を読んでるけど、自分を好きになれない人は、今の自分を受け入れるってことが必要かもしれません。

二人はまったく違いますが、大事なのは自分がどうなりたいかってことですね。

ABOUT ME
せせり
40歳の女性。仕事を退職し、資格だけ持っている経験のない職種で独立するも開業届を提出後にこの仕事をやりたいという気持ちが冷め、ほぼ無職状態となり悩む日々。現在は、企業に転職する方向で気持ちが傾き中。